携帯用 浄水器

微生物、化学薬品、重金属等の汚染有害物質など、不純物を99.99パーセント除去できる携帯用ボトル型浄水器です。
噴火時の安全な飲料水確保に役立ちます。

携帯ボトル浄水器

価格:7,400円 税込:7,992円
ただいま入荷待ちです
購入数:

噴火対策のポイント

災害時は安全な水の入手が困難になる場合があります

噴火災害によって、上下水道が止まってしまったり、停電や物流のストップが起きる可能性があります。

貯水池に火山灰が混入することもあります。

安全な水を確保できるようにしましょう。

ash_drain_l

商品の特徴:

世界最高水準のフィルターで、不純物を最大99.99パーセント除去

サブタイトル

粒状の厳選された活性自然ココナッツカーボンと、独自開発の吸着媒体を染み込ませた特殊加工製造のフィルタで、不純物を最大99.99パーセント除去できます。

waterbottle_06_200

世界各国60箇所以上の研究所でテスト済み

日本食品分析センターを含め、世界各国のテスト結果で高性能と認められる結果が出ました。

waterbottle_05_200

フィルターの使用限度について

フィルターの使用限度は原水の状態により異なります。
水道水、あるいはそれに準ずる生水レベルで1日1リットル(約2回満水)を毎日連続使用で、約380リットル、約1年間お使い頂けます。
濾過した水が出にくくなった時がフィルター交換の目安です。
しかし災害・緊急の際に、極めて汚れた水(とくに粘土質の泥が入った濁水など)を利用しますと、フィルターが非常に精密なため、約4回か5回で目詰まりを起こします。
そこで、濁水を緊急時に使用する場合には、携帯浄水器に濁水を入れる前に手ぬぐいやハンカチ、バンダナを4〜8折重ねにしたものをプリフィルターとして使用します。
これによって粘土質の泥やゴミ等を除去し、フィルターの目詰まりを軽減することができます。
実際のテストとして、2012年6月台風後の多摩川の濁水を使用して浄水が何回できるか実験いたしました。手ぬぐいを4折りにしたプリフィルターを使用し、泥やゴミが除去してから水を携帯浄水器に入れたところ、15回計9リットル浄水できました。