噴火が起きるとどうなるの?

東日本大震災以降、日本には多数の火山の噴火が懸念されています。大規模な噴火に備えて、必要な知識を学びましょう。

いきなりドッカーンと噴火するの?

火山の噴火はある程度予測可能です。

一般的には噴火の前から予兆が見られます。
気象庁では全国110の活火山の活動状況を監視し、噴火の予兆について調べています。
ただし、噴火予知の技術はまだ不完全であるのと、兆候無く噴火ないし爆発がおきる現象が世界各地の火山で報告されています。

plinian-eruption_l

予兆の例:

  • 人間が感じることのできない地震が山の中で起きる。
  • 人間が感じることのできる地震が山の中で起きる。(マグニチュード2〜3程度のものが頻発することから始まり、マグニチュード5以上のものも発生する場合がある)
  • 山体が膨張したり、地殻変動が起きる

気象庁:各火山の活動状況リンク

実際に噴火が目の前で起きたら?

逃げる時間がないまま命を落とすことも

2014年9月27日、御嶽山噴火では多数の死者・行方不明者・負傷者を出し、大変悲しい結果となってしまいました。
なぜそれほどの被害が起きたかというと、噴火の予兆に気づくことなく、多数の方が火口付近にいたからです。
実際に噴火が始まった時の火口付近では「大きな噴石」「火砕流」「融雪型泥流」といった、逃げる時間もなく人々を襲う災害が発生する可能性があります。

shinmoedake_l

大きな噴石

発的な噴火によって、火口から吹き飛ばされた岩石などが落下してくる現象です。
直径50cm以上の大きな噴石は、風の影響を受けずに短時間で落下します。火口から出てくるときのスピードが200m/sを超える場合もあります。
火口から2km〜4kmに多数飛来し、建物の屋根を壊したり、登山者が死傷する被害が出ます。

block_l2

火砕流

火山灰や岩塊、水蒸気、空気などが、高速で地表を流れてくる現象です。
最も速いところでは時速100kmを超えるため、人間の足では逃げきることができません。
火砕流の温度はとても高く、600℃以上を超えることもよくあります。

phreatic-eruption_l2

融雪型泥流

雪が積もっている寒い季節に噴火が起き、火砕流などの熱で雪が一気に溶かされると、発生した大量の水が土砂や岩石を巻き込んで山頂から一気に流れてきます。
その速さは時速60kmを超えることもあり、最大で100km以上の距離を流れます。
火山周辺の広い範囲で被害を受けます。雪が降っている時期に噴火した場合は要注意です。

lahar_l

「大きな噴石」「火砕流」「融雪型泥流」に対しては、災害が起きる前に対策をとっておく必要があります。

噴火の防災対策についてはこちらをチェック↓

planning-bnr

その他の噴火災害

溶岩流

高熱の溶岩が斜面を流れ、家や道路を埋め、近くの木々を燃やします。
流れの速さは人が歩く程度なので溶岩流を確認した後でも逃げることは可能です。

Arching-fountain_l

火山ガス

火山ガスはマグマに溶け込んでいたガス成分が気体となって吹き出すもので、二酸化炭素や二酸化硫黄(亜硫酸ガス)などの有毒な成分を含むことがあります。
火口などガスが出ている周辺や窪地などのガスがたまりやすい場所には近づかない等の警戒が必要です。

gas_l

小さな噴石

噴火の規模が大きい場合、火口から10km以上離れた遠くでも風に流されて小さな噴石が落下してきます。
1707年の富士山宝永噴火では、火口から10km離れたところでも20センチ程度の噴石が飛んだという記録が残っています。
当たりどころが悪ければ、人が死傷する場合があります。

火山灰

細かく砕けたマグマが空高く吹き上げられ、風に乗って遠くまで運ばれます。
特に火口の近くでは50センチ以上厚く積もり、ほとんどの木造家屋を倒壊させる程の重さになります。
人体に健康被害を与えるほか、飛行機のエンジントラブルを起こしたり、農作物被害などにつながります。

ash_build_2_l

広い範囲で被害をもたらす「火山灰」

広大な範囲で被害をもたらすものは「火山灰」です。
噴火の規模によっては数十km〜数百km離れた場所まで火山灰は風に乗って飛ぶので、例えば富士山が噴火した場合は首都圏にも被害が及びます。

(例)富士山噴火時の降灰の可能性マップ

fuji_map_l
富士山火山防災協議会「富士山火山防災マップ」より

火山灰は「灰」と書きますが、タバコの灰のような燃えカスではありません。実際はマグマが細かく引きちぎられてできた「ガラス片」です。
この「ガラス片」が大量に周辺地域に降ってくるとどうなるでしょうか。

ash_sem_l

Youtubeで降灰の様子の映像をアップしている方がいるので、ご紹介させていただきます。

afpbbnewsアップロードyoutube (c)AFP

iceland_youtube

火山灰ってただの灰じゃないの?

人体に悪影響をもたらし、日常生活がストップします

火山灰の人体への影響

見た目は雪のようにきれいに見えることもありますが、人体に様々な健康被害をもたらします。

結膜炎・角膜剥離

火山灰は鋭くとがっているので、目に入ると非常に痛く、こすると結膜炎や角膜剥離を起こします。

boy_l

呼吸器系への悪影響

火山灰を吸い込むと気管や肺が傷つけられ、幼児や高齢者の方は呼吸器系の病気になる可能性があります。
1cmほどの降灰でも、もともとぜんそくなど持病がある方も注意が必要です。
2cm以上の降灰になれば、健康な人でも呼吸器に障害が出てきます。
実際に噴火のあった周辺地域で喘息の患者が増えたり、呼吸困難を感じる人が増加したという記録があります。(雲仙普賢岳や伊豆大島等)

まれに、細かい火山灰を長期間吸うことで、深刻な灰の病気になってしまうケースもあります。

皮膚への影響

火山灰が肌に付くとベタベタします。
髪の毛に付着した火山灰も取るのが大変です。
火山灰に火山ガスが付着している場合には皮膚炎を起こすことがあり、皮膚の弱い方は肌を露出させない等の注意が必要です。

P1080715_s

火山灰の日常生活への影響

火山灰は人体への悪影響の他、日常生活に様々な支障をもたらします。

建造物への被害

火山灰が屋根に積もると家屋を潰すことがあります。
火山灰が積もっているところに雨が降ると、火山灰が水を含んでさらに重くなります。
フィリピンのピナツボ火山では、火口から40キロメートル離れた地点まで10センチ以上の灰が屋根に積もり、さらに台風が来たため、雨水を含んで重くなった火山灰が多くの家屋を潰し、たくさんの犠牲者を出しました。
噴火の後は上昇気流が発生しやすいため、台風が来なくても雨が降りやすいと言われています。

ash_build_l

農作物への被害

灰が大量に降ることで農作物が大きな被害を受けます。
農作物に灰が付着することで商品価値が下がってしまい、洗って火山灰を落としたとしても膨大な作業量になることが考えられます。
また、火山灰の成分が酸性が強い場合、農作物が枯れてしまいます。
また、日光遮断により光合成ができなくなります。その結果、農作物の価格高騰をもたらすと予測されます。

P1080732_s

電子機器やコンピュータの被害

火山灰が電子機器やコンピュータの吸気口から吸い込まれると、静電気によって内部に付着します。
その結果、誤作動や故障を招きます。実際の例では、降灰の多い桜島で公衆電話が故障したり、JRの分岐器(ポイント)が正しく作動せず電車の運転ができなくなりました。
それ以外にもデジタルカメラ・携帯電話・ガス湯沸かし器・エアコン・自動販売機等、外気にさらされるコンピュータ系は故障する可能性が高いと言えます。

写真:桜島の公衆電話。ボックスの中でも灰が入り込んでいる。

P1080765_s

飛行機の運行停止

国際的な取り決めで、微量な降灰であったとしても飛行してはいけないことになっています。
理由としては、火山灰がエンジンに吸い込まれると、エンジンの燃焼室が非常に高温なため火山灰が融けて排出口を塞いでしまうからです。過去にインドネシア上空で飛行中にエンジンが止まり墜落寸前になったことがあります。飛行場の滑走路に降灰があっても飛行不可になります。除灰作業は人海戦術なので時間がかかり、長期的に旅客と物流に大きな被害をもたらします。

ash_airplane_l

電車・新幹線の運行停止

微量の降灰でも電車や新幹線の運行が停止する可能性があります。
レールに灰が積もるとスリップしやすいほか、視界不良で運転手が信号が目視できないなど、安全が確保できない状況では運行ができません。
それ以外にも、レールに灰が積もると電力供給が止まったり、信号システムや電車の位置把握のための電子機器系統が故障してしまうことが考えられます。

車への影響

降灰があると、前の車が灰を巻き上げて視界不良になるほか、非常にスリップしやすくなります。
雨が降った場合は少し濡れるだけでも泥流のように空転するのでスリップ事故を起こす例が多くあります。
高速道路では一般車両は通行止めになる可能性が高いでしょう。
一般道路も渋滞や速度制限になる可能性があります。火山灰は水に溶けないため、除雪作業車を使用することができず人海戦術で除去するしかないため、復旧に時間を要します。
この結果、長期的に物流に大きな影響を与えると考えられます。
車両自体にも被害をもたらします。火山灰がエンジンフィルターを詰まらせたり、ワイパーを使うとフロントガラスが傷ついてしまいます。
オイル・オイルフィルター・エアフィルターは頻繁に交換する必要があります。
避難の途中に車が故障して立ち往生になる可能性もあります。桜島には火山灰仕様の車も販売されているほどです。

ash_road_2_l

上下水道

火山灰で上水道が汚染される可能性があります。
桜島では貯水池にフッ素を含有する火山灰が流入したため浄水場が停止するということがありました。
取水方法が湧水、地下水汲上揚水、河川取水のいずれかによって状況は異なりますが、火山灰の混入だけではなく、火山周辺の地下水脈の変動が原因となって上水道に影響が出るかもしれません。

ash_drain_l

さらに下水道が使用不能になる恐れもあります。
火山灰の見た目は雪のようですが、水に溶けてくれず、むしろ固まってしまうので排水溝が詰まってしまうのです。
一般市民の理解が足りないと、火山灰の除去に大量の水を使い、広範囲で排水溝が詰まってしまうかもしれません。

写真:桜島の克灰袋。住民の灰の処理は袋に詰めて自治体が回収するようになっている。

P1080673_s

電気

火山灰が原因で停電することもあります。
送電線の碍子に濡れた火山灰が付着すると絶縁不良で停電してしまいます。
過去に桜島でも停電した例があります。
火山灰だけではなく、噴火による土石流などで停電することもあります。
人為的に計画停電が必要になる場合もあります。

小売店への影響

生活必需品を提供するスーパー・コンビニ等の小売店が降灰の影響によって営業できなくなる可能性があります。
一つは交通・物流機能が麻痺して、商品の生産や流通が難しくなり、商品不足になるという問題があります。
東日本大震災時にも食品棚から商品がほとんどなくなる事態がありました。
もう一つは食品や商品を保持するための冷蔵庫・空調等など外気吸入する機械が壊れて販売できなくなるという問題があります。

医療活動への影響

交通機関が麻痺すると、医療機関も医薬品や食料が不足します。また救急車・ヘリコプター等で患者輸送も降灰がひどい地域では難しくなるでしょう。

アメリカ合衆国内務省・アメリカ地質調査所
アメリカ地質調査所 Volcanic ash
内閣府「火山灰から身を守るための対策」
国際火山災害健康リスク評価ネットワーク製作パンフレット「GUIDELINES ON PREPAREDNESS BEFORE, DURING AND AFTER AN ASHFALL」
産業技術総合研究所 つくば中央第七事業所 宮城磯治「火山灰への備え」
防災科学技術研究所製作・パンフレット「火山灰から身を守ろう」
筑波大学大学院システム情報工学研究科・都市防災研究室,鉄道建設・運輸施設整備支援機構製作・パンフレット「火山灰被害を軽減するために」
小山真人著「富士山噴火とハザードマップ-宝永噴火の16日間」
伊藤和明著「地震と噴火の日本史」
神沼克伊・小山悦郎著「日本の火山を科学する-日本列島津々浦々、あなたの身近にある108の活火山とは?」
鎌田浩毅著「火山噴火ー予知と減災を考える」
鎌田浩毅著「地震と火山の日本を生き延びる知恵」
鎌田浩毅・高世えり子著「もし富士山が噴火したら」
富士山火山防災協議会「富士山火山防災マップ」
鎌田浩毅著「富士山噴火-ハザードマップで読み解くXデー」
関谷直也・廣井脩 「富士山噴火の社会的影響:火山灰被害の影響についての企業・行政調査
木村政明「富士山大噴火!不気味な5つの兆候」
木村政明・山村武彦著「富士山の噴火は始まっている!」

planning-bnr